GUTSの日記

日々の出来事を中心に書き綴る、言いたい放題のブログ。

年金2年前納の落とし穴

会社辞める=厚生年金脱退&国民年金加入となるわけでして。

退職翌日に手続きしました。
で、口座振替での2年前納が一番安く上がるので、年明けを待ってその手続きもした。
そのときに銀行で渡された控えも取ってある。
なのに昨日、年金の納付書が郵送されてきた。
朝イチで年金ダイヤルに問い合わせ。

結果、口座振替手続きが出来ていないことが判明。
コールセンターではなく、年金事務所の職員と直接話してくれとのことで
地元の年金事務所に電話。

やはり手続きが出来ていない。
年金事務所に申し込みが届いた記録がないので、銀行で止まっているのではないか。
今年の2年前納申込期間は過ぎているので、納付書使って現金で納めて欲しい。
とのこと。

電話の最後に余計な一言を言われる。
「次回はこういうことにならないように、銀行で手続きをしたら年金事務所に電話して
処理が出来たかどうか確認してください」と。

いや、だったらそもそも銀行で受け付けるのやめろよと。
年金事務所でのみ受付って形にしたらええやん。
何で確認怠った俺が悪いみたいな言い方されなあかんねん。


続いて、手続きをした銀行のコールセンターにも問い合わせ。
実際に手続きをした店舗の事務長さんから折り返し電話。
確かに銀行側で受け付けた記録はある。
もしかして手元に何らかの書類がありますか?
もしあるなら見せてくださいと言われ、家に来てもらった。

控えを見せたら、「あぁ...これ、手元にあるんですね...。」と。
俺が控えだと思ってた手元の書類は、実は銀行から年金事務所に送付すべき書類なのだそう。
なので、銀行の窓口でコレを俺に返しちゃったのがミスだったらしい。
確かに窓口のおねーさんが若い子で、上役らしき人に聞きながら処理してたから
ちょっと不安だったのは覚えてる。

事務長さんからお詫びを受け、とりあえずその書類を持って行って
銀行本部と年金事務所と相談してくれるとのこと。

で、相談の結果、現金での2年前納なら間に合うのでそうして欲しいとのこと。
申請書などは家まで持っていくので、その場で書いて欲しいと。

ちなみに口座振替2年前納の割引額が15,640円。
現金2年前納の割引額が14,400円。
細かい話だけど1,240円損しとるやないかーい。
ウイスキー1杯余分に飲めるやん。

いまさら騒いでもどうにもならないので、仕方ないのかなと。運が悪かった。
まあ窓口のおねーさん可愛かったから許したろ。


意外なところに落とし穴があることもあるので、ぜひ皆様もこの手の手続きはお気をつけあれ。
  1. 2017/04/06(木) 20:03:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横浜たそがれ | ホーム | 前途は多難>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zamorano.blog9.fc2.com/tb.php/2783-fac86a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GUTS、マツナルド

カテゴリー

月別アーカイブ

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード