GUTSの日記

日々の出来事を中心に書き綴る、言いたい放題のブログ。

南十字星(5)

この演目は約5年ぶり。
そしてなんと今年の初四季だ。

保科 勲 : 阿久津陽一郎
リナ・ニングラット : 秋 夢子
島村中将 : 菊池 正
原田大尉 : 鈴木 周
塚本少尉 : 前田貞一郎
ニングラット博士 : 脇坂真人
ルアット・ニングラット : 渡久山 慶
ニルワン : 赤間清人
キキ : 池松日佳瑠
オットー・ウィンクラー : 吉賀陶馬ワイス
原田春子 : 佐和由梨
岡野教授 : 維田修二


阿久津保科についてはもはや何も言うことはない。
完璧。

夢子リナはお初。
カタコト。。。
歌はいいのだが。。。

菊池中将。
この役は田代さんの専売特許かと思いきや、意外といい。
島村中将のモデルは人格者として知られた今村均陸軍大将。
写真を見る限りでは丸顔で恰幅のいい方だった様なので、その点は田代さんのほうが似合うかなと。

原田大尉は相変わらずの期待は裏切らないご活躍?
鈴木さんの悪役好きだなぁ。

塚本少尉は前田さん。
いいお声。
ディラモンド教授とは全然雰囲気違うなぁ。

脇坂ニングラット博士。
MMのビル・オースティンであまりの棒読みだったので心配していたが
この役はなかなか似合っていた。


三部作では一番涙が少なく見れる作品と思っていたけれども
なぜか久しぶりに観たら一幕のうちから涙で目が潤みっぱなし。
保科少尉だ!のあたりからずっと潤んでた気がする。

二幕はヤバい。
涙を流さないようにこらえるので精一杯。鼻水は止まらん。

玉音放送であんなに涙が出るのはなぜだ。
自分も完全に舞台の中の人の気持ちだったのかも。
日本人として最高の屈辱を味わった気がした。
今までは別に泣き所じゃなかったんだけどな。

裁判~監獄は本当に辛い。
島村中将の奥さんの覚悟にはいつも泣かされる。

感動した人も多かったようでカーテンコールはスタンディングでいつにない長さ。

昨今のニュース等でも色々話題に上ることが多い題材だけれども
やはり親日国とは深く友好をはぐくみ、反日国とは相応の付き合いをする、
それでいいのではないかと思う。
みんなと仲良くなんていうのは綺麗ごと。

綺麗事で政治は出来ない

原田大尉の言葉そのものではないのかな。

日本は日本国籍を持つ人のための国であるべき。
  1. 2013/05/26(日) 19:40:57|
  2. 劇団四季
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風邪を | ホーム | 四季ネタ2件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zamorano.blog9.fc2.com/tb.php/2451-6ecb5298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GUTS、マツナルド

カテゴリー

月別アーカイブ

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード