GUTSの日記

日々の出来事を中心に書き綴る、言いたい放題のブログ。

来るところまで来てしまった

このまま状況が好転しなければ転職します。



来年度の話をした。
どう考えても不可解な業務移管。
それに伴って他部署へ移動。

新部署ではパソコン修理の仕事をさせられることになりそう。
畑違いもいいとこ。

お前の仕事をほかの全員にもできるように伝えていってほしい。
代わりに修理の仕事もお前がやれるようになれ。


知識さえあれば誰でも出来るPC修理と、
案件ごとに事情や環境が違う上に経験がものを言うネットワーク構築を
同じレベルで考えてる時点でおかしい。

誰でも出来るような仕事じゃねぇ。
そもそも誰でも出来るような仕事だったら、俺の存在意義って何?
唯一無二の誇りを持ってやってきたつもり。

新しい部署ではそんなものいらないらしい。

方針を決めるのはお前じゃない、俺だ。
と言い放つ部長。

確かにそうだ。
ただ、現場の声に耳を傾けずに作られた方針に誰がついていくのか。

ついていくかいかないかは俺が決める。
俺がついていかないことを決めたときに困るのは俺じゃない。


ちょっと話は変わって。

ある案件、どう考えてもうちの部署に受託能力はない。
来週から1名減るので人的リソースの問題もあるし、
全く見たことも触ったこともない分野だという能力的、経験的な問題もある。

なので断ることを主張した。
その分野については技術を持ち合わせていないと。

したらば「お前には意欲がないのか!」と。

やりたくないから受けないわけじゃない。
今の部署の状況を総合的に判断して受託能力がないから断った。

それを個人の意欲の問題にされても困る。


そして「そういう新しいことに挑戦していくべきだとは思わないのか!」とも。

「挑戦」は入念な準備と環境の整備が整って初めてするもの。
富士山には装備と訓練が出来てから登るもの。

ジーパン、スニーカーで登ることを「挑戦」とは言わない。
それはただの無謀な大馬鹿野郎。


今まで先の見通しもないくせに安請け合いしてきた仕事で山ほど失敗してきてる。
その都度、客に迷惑をかけ、信用を失ってきている。

なぜそれをまた繰り返そうとするのか。

しかも他部署とは言え、部長という経営的な立場にある人が。



見境なく危ない橋を渡る人間が賞賛され、冷静に危険を回避した人間が非難される。

先を考えずにとにかく突破を試みることがうちの社風だ

と言うなら俺はもうついていけない。



裏切り者と言われようが、俺はこの場を去る。
  1. 2013/01/23(水) 22:25:44|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マッスルがセパレート | ホーム | 壊れた。でも治った。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zamorano.blog9.fc2.com/tb.php/2421-ec243fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GUTS、マツナルド

カテゴリー

月別アーカイブ

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード