GUTSの日記

日々の出来事を中心に書き綴る、言いたい放題のブログ。

成功の反対は

なんとなんと、あのなでしこジャパンの佐々木則夫監督の講演を聴くことができました。

これはめったにないチャンス。


監督は代表のジャージ姿で登場。
「昨日ベストドレッサーをもらったんですが、恥ずかしいんでジャージにしました。」
と。

こんなこと言っては申し訳ないけども、特別に話が上手なわけじゃない。
でも監督の誠実な人柄が伝わってくるいい講演でした。

佐々木節で笑いもたくさんあったし。


こういう講演って内容をあえて一般向けにしたり、ビジネス向けにする人が多いけど、
監督は最初から最後までとにかくサッカーの話。

なのでなでしこの試合見てない人には全く通じなかったんじゃなかったかな?
ってなくらい、「サッカーの監督」としての話でした。

最初と最後にW杯と五輪のダイジェスト映像を流したんだけど、
それだけで涙ぐみました。
サッカー馬鹿にはたまらない内容。


監督もとにかくサッカーが好きなんだよね。
俺らと同じサッカー馬鹿。

すごい親近感沸いたな。


一番印象に残ったのは

成功の反対は失敗じゃなくてチャレンジしないこと。
失敗した選手には怒らないが、チャンレンジしない選手には怒る。

という言葉でした。



以下、ネタばれ。

エピソードなどを忘れないうちに。


・以前代表に呼んだけれども、その後呼ばなくなった選手がいた。
 その選手は震災をきっかけに絶対に代表復帰したいと言う想いが募り、
 練習量を倍にして課題だったスタミナのなさを克服し、代表復帰した。
 そしてW杯ドイツ戦で決勝ゴールを決めた。
 (丸山選手のことですね。)

・日本の女性はサッカーにとても向いている。
 女の子にぜひボールを蹴らせてください。
 ちなみに脚は太くなりません。川澄も澤も脚は細いです。

・日本女性の武器は気配りが出来ること。
 その証拠にゾーンディフェンスの練習をさせると男性よりも女性のほうが上手い。
 (これは確かに。男性はゾーンよりもマンツーが多いし、ゾーンは苦手な気がする。)

・プレイヤーズ・ファースト
 とにかく選手が第一。選手のためにスタッフには何が出来るか。

・ソーシャル・フットボール
 「個」ではなく「集団」で戦うサッカースタイル。

・練習ではスライディングの練習を真っ先にする。
 体格で外国選手に劣るのであれば、ルーズボールには体を投げ出すしかない。
 それをチーム全員でやる。

・まさか園遊会に呼ばれるとは思わなかった。
 天皇陛下から「ゴールを守る方は足で止める練習をしているのですか?」と尋ねられた。
 神様みたいな人に対して思わず「神がかりでした」と言ってしまった。
 後で怒られるかと思ったが怒られなかった。

・日本の競技人口を増やしたい。アメリカとでは競技人口が全く違う。
 ワンバック選手する引退するとの話が出ているが、次のスターが必ず出てくる。
 ツーバックだ。
 あれ?あんまりウケないですね?
  1. 2012/11/29(木) 22:21:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<惜敗 | ホーム | 勝利ほほえむ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zamorano.blog9.fc2.com/tb.php/2403-c11cf39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GUTS、マツナルド

カテゴリー

月別アーカイブ

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード