GUTSの日記

日々の出来事を中心に書き綴る、言いたい放題のブログ。

福井遠征記 2日目

宿は連泊なので心配なし。
2日目はまず丸岡へ。

小さい街ですが、丸岡城という立派お城が建っています。
ここの天守は築城当時の姿がほぼそのまま残っています。
(昭和20年代の地震で倒壊したが、倒壊材をそのまま使って組みなおしたとのこと)

maruoka1.jpg  maruoka2.jpg  maruoka3.jpg

なので古い城にありがちなこと...階段が急。
今まで見てきた城の中で一番急かも。
傾斜度7~80度くらいありそうです。
女性の方はお気をつけあれ。。。
男性の方、見たくなくても見えますのでうろたえないように。。。
(そもそも城巡りでスカートはダメだよな)

駐車場と土産・食事どころもあり、アクセスは容易です。
お土産に五月ヶ瀬を購入。
ピーナッツ入りのせんべいで、静岡で言うところの駿府太鼓ですな。
某モー〇ング娘。の高橋愛嬢が近隣市町出身とのことで、
テレビで紹介していたのを覚えています。

城巡りはいったん休憩に入って永平寺へ。
言わずと知れた曹洞宗の大本山永平寺。
せっかくなので寄っとくかー、くらいの気持ちだったのですが
これが大間違い。

eiheiji.jpg

すげぇ。とにかくスゴイ。
建物がすごいのは当たり前なんだけど、オーラがハンパじゃない。
荘厳さというか神聖さというか、心が打たれます。
修行僧を撮らなければ撮影OKなのですが、それすらはばかられるような
張り詰めた空気感です。
あ、決して怖い場所ではありませんのでご安心を。

ここは一度行ったほうがいい。
感じるものが多すぎて言葉では表現しきれないです。

2日目の最後は一乗谷。
最近では白い犬のCMですっかり有名ですな。

朝倉氏の居城で「越前の小京都」と呼ばれ、応仁の乱で京を逃れた
お公家さんたちでたいそう賑わったそうです。
町並みは発掘されて一部復元されています。

最後の当主、朝倉義景の居館跡と墓。
ichijodani1.jpg  ichijodani4.jpg  ichijodani2.jpg

初代当主孝景の墓。
ichijodani3.jpg

一般に観光できる平地部分は館や町並みの跡です。
(少しはなれたところには資料館も。)

何と言っても本丸は一乗谷城。
標高は450m弱。
登山道は1.5km、往復90分程度。

これが激しくしんどかった。。。
まず道があまり整備されてない。
獣道みたいな雰囲気。
勾配はかなりきつく、階段等は何もない。
雨が降ったわけでもないのに水が流れている地点もあり。
あちこちでぬかるんでいるので、かなり登りづらいです。
ichijodani5.jpg
こんな道(?)を延々と登らねばなりません。

攻城開始から20分ほど、約半分地点まで登ったところで...
ichijodani6.jpg

全軍撤退!退けぇ!退けーー!

無理すれば行けなくはなかったのですが、日が暮れかけてきたので
仮に登れたとしても帰りが真っ暗。
この足場では無事に帰って来れそうにないので諦めました。
心肺機能的にも結構限界だったし。

ちゃんと登山靴履いてないと登れないです。
スニーカーではズルズル滑ります。
実際下りで滑って小川に片足突っ込みました。
足首まで隠れるような靴でマムシ対策も必要かも。

攻城失敗したのは小谷城以来か。
まああの時は熊が出るからって理由だったので、
事実上今回が初の負け戦。。。無念じゃ。

2日目はこれでお終い。
ホテルに戻って鯖のへしこせんべいで一杯やって就寝。
  1. 2011/11/03(木) 13:27:00|
  2. 戦国ロマン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福井遠征記 3日目 | ホーム | 福井遠征記 1日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zamorano.blog9.fc2.com/tb.php/2223-46be3eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

GUTS、マツナルド

カテゴリー

月別アーカイブ

Twitter

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード